2006年04月30日

blog に期待するアレコレ

heartbreaking.:綺麗事ばかりで疲れない?

blog や SNS 等に対する期待や目的が人さまざまなんだという話。
私がこの blog に期待する事は以前書いたとおりなのですが、人によってはアクセスアップでランキングの上位に行く事が目的であったり、アルファブロガーと呼ばれるブログ界や一部のメディア内での影響力を得ることを目的とする人も居るという事です。

「そして、funamushi2さんは・・」

ID:sennjiを罵倒してから、一部の人には funamushi2さんと呼ばれています
・・・ 中略 ・・・
suVeneさんの記事より引用
 「あいつが賛成してるから、俺は反対しよう。」とか、
 「あの人が言っているのなら正しい」というのが無意味

↑俺は、そうゆうのも、また面白いと思ってます。揉め事の発端も、嫌いなブロガーにイチャもん付けるのが目的ですよね。
heartbreaking.:綺麗事ばかりで疲れない?

前の記事で funamuhi2 さんと書いたのは、goo での id を見て書いたので「ゆがんだはしご」という HN があったのに気づきませんでした。申し訳ない。ちなみに、sennjiさんなる人はよく知らないです。
この記事を読んでなるほどなぁと思ったのは、巨人ファンに対する、アンチ巨人ファンのような、二元論的スタンス自体を面白いと思う人も居るんだなぁと言う事です。「好きだから」「気に入らないから」という理由で、全肯定・全否定を楽しむスタンスもあるのだと言う事ですね。
揉め事の発端は確かに、そのような事がキッカケになる事が多いようですが、「文化圏」なるものによく例えられる、意見の相違によって起こる事もまた事実です。異なる「文化圏」に属する人の意見が全て間違っているという訳でもないですが、その文化圏の衝突、対立を楽しむ姿勢もまた面白いでしょう。

アクセス数にも興味無いような人は、日記でも綴って、自室の本棚に仕舞っとけば良いだけの話。わざわざソレをネット上に出すのは何故か?アクセス欲しいからでしょ。イチイチ着飾ってて、疲れませんか?綺麗事は、もう止めましょうよ。
heartbreaking.:綺麗事ばかりで疲れない?

そして興味深いのは、自分が「アクセス数」や「ブログ界での影響力」を崇拝するようになると、相手もまた「アクセス数」や「ブログ界での影響力」を欲しがっているのに、それを隠しているんだ。と思い込む傾向があるということですね。確かに、一部の人は、本当はアクセスが欲しいのにそれを隠している人も居るのでしょうが、そうではない人が居る事にも気づかなくなる。何故なら、二元論だから。
「アクセス数」は当然、私も意識していますが、それが一番の目的ではない。って事です。かといって自分の目的を他人に押し付ける意味もありませんので、ゆがんだはしごさん のように、ブログ界での自分のポジションを確立する事を目的にがんばるのもありだと思います。

ブログについて考える人々は、ブログの世界の、カーストの上位に来る、尊敬されるべき人々です。ただ安穏とブログというツールを利用するだけに留まる人々とは、根幹から違います。
heartbreaking.:綺麗事ばかりで疲れない?

私としては、ブログ界の影響力をカーストとするのならば、それの権力争いなるもののほうが疲れます。安穏とブログツールを利用する人々を見下す理由もないですし。

ブログを利用する人々にも、二種類あります、ブログというコミュニケーションツールを利用するだけに留まる人と、ブログというコミュニケーションツールは、今後どうあるべきか?と常に考え続ける人です。
heartbreaking.:綺麗事ばかりで疲れない?

どうあるべきか?を考える人が偉くて、そうではなくコミュニケーションツールとして利用する人が下々だという考えも面白いですが、何の為に「どうあるべきか?」を考えているのかというのはまた、ここで言う下々の人と言われる人々も含めた「どうあるべきか?」であるということです。

うだうだと書き綴りましたが、ゆがんだはしごさん のブログに対する姿勢を強制したいなどと言う思いはありません。頑張ってブログ界の重鎮と呼ばれる人になっていただけたらと思います。

posted by suVene at 01:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | ブログに関する このエントリーを含むはてなブックマーク 
この記事へのコメント
関係無い話ですが、俺は阪神ファンで、アンチ巨人ファンです。

言われてみると、HNが存在感薄いです。そういえば皆さん、HNは、サイドメニューの高い位置に刻んでますよね。良い事に気付きました。

該当記事については、

俺のブログを読んでる人は、ブログ論に興味持ってる人じゃなくて、俺のグダグダ話を気に入ってくれてる人(安穏とブログツールを利用する人)が多いです。ですので、そういったブログ論に興味の無い人々にも、「ブログ論の世界はこうゆう構造なのかもしれないよ・面白いでしょう?」と、興味持たせてあげたかったのです(負け惜しみ、、。

重鎮って表現も、大げさ過ぎて笑えるかもしれませんね。俺は、このまま小物で終わると思うのですが、有名ブロガーを見つめているうちに、彼らを取り巻く様々なルールとか、そうゆうものにまで興味がいってしまうので、こういった記事もタマに出るようになりました。

非常に長いコメントで返信し辛くてスミマセン。以前、コメントいただいた事も記憶に新しいです。TBいただけて嬉しいです。
Posted by ゆがんだはしご at 2006年04月30日 06:52
こんにちは。

> そういったブログ論に興味の無い人々にも、「ブログ論の世界はこうゆう構造なのかもしれないよ・面白いでしょう?」と、興味持たせてあげたかったのです

なるほど、奮起をあおる為の少し大げさに書いたような記事であるという事ですね。単独記事だけ読んで間に受けてしまい申し訳ない。それでも、影響力ある人物になりたいというのと、ekken さんが好きだってのは本当っぽいので、頑張ってください。

> 非常に長いコメントで返信し辛くてスミマセン。以前、コメントいただいた事も記憶に新しいです。TBいただけて嬉しいです。

すいません。2回も TB しときながら、過去にコメントしてたこと忘れてました。
あのときに気になってコメントを書いた記事をかかれていた方と同一だったんですね!
あの時は確か、「コメントを書こうとしても、返事がない事を考えると…」みたいな記事だったので、「そのような事は気にせず、相手も忙しいかもしれないし」みたいな記事ですよね。ハッキリ思い出しました。
私は、リアルもネットもそうなんですが、名前にさほど興味がないんですよね。ekken さんとかになると、しょっちゅう議論の中心になるので何となくわかるのですが、hatena にしろ他の blog にしろあまり知らないです。本当に申し訳ない。

> 重鎮って表現も、大げさ過ぎて笑えるかもしれませんね。

いえ、笑いはしませんよ。周りから見てくだらないと思う事であっても、本人にとっては重要に思えることっていうのはたくさん有りますし、勿論私にも有ります。
それは否定しないのですが、あまりに嵌り固執しすぎると、周りが見えなくなるときもあるので、ふと余裕ができたら俯瞰して全体を眺めてみるのもいいですよと思う訳です。

影響力のない人間の戯れ言に付き合っていただきありがとうございました。
Posted by suVene at 2006年04月30日 23:54
この記事へのトラックバック