2006年05月04日

[コメントを巡る]元も子もない話

テーマに名称がないと分かりにくいので、「コメントにレスをしろよ問題」としておきます。
簡単に説明すると

1 ブロガーが記事を書いて、閲覧者がコメントしたらそれにレスしろよ!できないなら、記事を出すな!
2 「私がコメントを書かない理由」のような記事
3 それは完ぺき主義で自分の醜態を見せたくないからだ!etc
4 コメントレスを強要するのはやめよう

という流れがある中に、コメント欄に対する分析記事が出たりしている状況ですね。
元も子もない話をしてしまうと、こういう意見のやり取りを楽しんでいるだけ(半馴れ合い)の人も居るんだろうなって話です。きっと本気で相手に強要しようと思ってないと思いますし、その強要意見に反論するのはあえて「釣られ」て楽しんでいるように見える訳です。

まず、この問題の最初のほうにアップされた heartbreaking さんの記事。
コメントレスしない管理人は、横柄な人間です。もしくは人の話聞いて無いです。俺の記事を、ちゃんと読んだのか?お前は、俺の記事の意図を全然読めてねえから、コメントレスしないからな、ってのは我侭です。じゃあ、貴方の記事の意図が解るように「書く」努力をしなさい。
heartbreaking.:コメントレス出来ないなら記事出さないで下さい

すごいです。いきなりコメントレスをを必須と考えない人への宣戦布告です。コメント欄も白熱しております。下のほうにいけば nanaさんなる人ののおっぱいうpへと流れが変わっていきますが、残念ながら今は見れません。まぁ、私なりに解釈すると、明らかに面白がって極論意見書いていると思います。これが記事によって、扇動されてしまう人がいるとするのならば、著者の思う壺なのかもしれません。
同時期にコメント欄閉鎖宣言-日々是自己主張なる記事も出ています。無駄に長いです。なんだか意図がよく分かりませんが、とりあえずコメント欄を閉じる事についての正当性を訴えているようです。これは真面目な意見に見えます。


次に、この辺の問題が議論されるようになった ululun さんの記事。この人の記事は面白くて私もよく読んでます。最近も、CNET Japan にゲストとして記事を書く事になったようですごいです。
CNET読者のみなさん はじめまして
まぁ、それはどうでもいいとして、記事内容はいたって真面目な印象を受けます。
そうなると短いコメントやコメント出来ない人に対してどう説明すれば良いのか
わかりませんよね。それこそ「ululunはオレの事を嫌っているんだろうか」とか「他の人には沢山書いているのにオレには素っ気ないコメントを書きやがって」とか思われるのも困るのです。
煩悩是道場 - 私がコメントに返事を書かない理由

私から見れば、一見矛盾のない自己完結記事に見え、納得してしまいそうな記事なのですが、それではこの問題が終わってしまいますので heartbreaking さんはいちゃもんをつけます。

コメントレスしない有名ブロガーは、レスの内容に、完璧さを求めすぎているのだと思います。自分の醜態を見せたくないだけです。
heartbreaking.:コメントに返事を書かない理由

恐ろしいほどの湾曲した解釈です。この発想はなかなか出ません。heartbreaking さんはエンタティナーです。この意見に対して真面目な反論をしても面白くないので何らかの極論を持って迎えたらよいのではないかと思うのですが、正論を唱え真っ向から反論している記事が
『斬(ざん)』:コメントレスを強要するのはやめようよ
ekken♂:一行コメントレスならば、むしろいらない
です。正論中の正論です。

これ以外にも、コメント欄についていくつかの記事があり、それについて ハテブなどで「○○という方が傲慢じゃないか?」等と意見があったりしますが、所詮「釣った」「釣られた」「馴れ合い」の域を過ぎないようなものが多いです。

で、長々と他の記事を引用して何が言いたいのかといえば、「釣り釣られ」なのか「真面目な意見・反論」なのか見分けるのは面倒だって事と、馴れ合い的意見のやり取りの中で真面目な記事があっても浮いてしまうように見えるのだなぁという話です。
「コメントにレスをしろよ問題」については何の言及もしていません。
posted by suVene at 01:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログに関する このエントリーを含むはてなブックマーク 
この記事へのコメント
この記事へのトラックバック