2006年05月05日

コメント欄に関するアレコレ

レスの期待できないブログに敢えてコメントする意義は何ですか?-日々是自己主張

コメント欄閉じた時に、長文を書かれていた方の記事に、ちょっと気になる問いがありました。
僕が知りたいと思うのは、他所のブログのコメント欄にコメントを残す人の心理です
・・・ 中略 ・・・
議論の経過を見ていると、管理人がもらったコメントにレスをするのは当然ではない、コメントレスは管理人の義務ではない、という意見が大勢を占めているように見受けられますが、、そこで翻って、では管理人からのレスが期待できないコメントをなぜ敢えて残したいと思うのか、という理由を僕は知りたいと思うわけです。
レスの期待できないブログに敢えてコメントする意義は何ですか?-日々是自己主張

コメント欄へのカキコミというのは何種類か分類できると思います。

1 知合いに対する馴れ合い的なコメント
2 記事を見た感想
3 記事に対する疑問・質問・反論
4 「自分はこう思う」という表明
5 荒らし目的

大抵このあたりではないかと。

1 知合いに対する馴れ合い的なコメント
これは、ネット上にしろリアルにしろ、知合い同士がやるようなカキコミであり、このパターンだと blog や 日記以外にもコミュニケーション手段を持っている場合が多いので、いちいちレスが必要だと思う人も少なそうです。

2 記事を見た感想
知合いの記事への感想か、あまり知合いではない人への感想かは問いませんが、なんらか感じる事があったときに、その思いを表明するような場合です。「面白かった。」「感動した。」「考えさせられた。」等の、具体的な部分を説明しないような一行のコメントでも、自分が知的好奇心をそそられた場合、お礼を言いたくなる気分も含めたのしめた事を表明しておきたいという意思の表れではないでしょうか。例を挙げると、ファンレターのようなものではないかと。このパターンも、コメントにレスを貰えれば嬉しいとは思いますが、大量のコメントに対し、blog の管理人がレスをするのも大変でしょうし、感想へのお礼を一つ一つするのも妙な感じがします。

3 記事に対する疑問・質問・反論
トラックバックして言及するほどではないが、少し疑問・質問、又は異論がある場合などです。
これは、上記 2つと違い、明らかに著者からのコメントが欲しくなるでしょう。そして、コメントの内容が「記事とは全然関係ない事象を持ち出して、罵倒したいだけ」のようなモノ以外は、ululun さんにしろ ekken さんにしろ、大抵レスしているような気がします。これは、コメントへのレスというよりは、記事の延長であり、記事のフォローのような意味合いが強いと思われます。

4 「自分はこう思う」という表明
3 に近いのですが、明らかにコメントに書くには、コメント記入者の主張が大部分である場合です。基本的には、blog というのがそもそもフロー型であり、議論するにはコメント欄はあまり向いていないので、管理人も思うところはあるでしょうがレスしにくい場合があるでしょう。主張を織り交ぜたい場合は、できれば トラックバック のほうが適しているように思われます。

5 荒らし目的
ヒマでもない限り、スルーか削除が一般的でしょう。


まぁ、blog というものが 1 対 1 でもない限り、時系列をおって議論をしにくい構造になっており、同時多発的にゆるい繋がりを持って流れているので、コメントしても返信がないのはしょうがないと思います。

コメント欄に関して思うところはこんな感じです。
次に、引用先の akky さんの疑問について、私なりに回答してみたいと思います。

他所にコメントを残す人の多くは、管理人からのレスがあろうがなかろうが、とにかく自分の気持ちや意見をその記事の中にコメントとして残しておきたい、という気持ちだけで、コメントをしているのでしょうか。そういう人たちは、コメントを残したあとで、何か反応がないかとコメント欄を見に戻ったりすることはないのでしょうか。自分がコメントを残しただけで満足するというなら、のちの反応を見に戻る必要もないと思うのですが、違うのでしょうか。あるいは、自分のコメントは管理人にレスさせずにはおかないほど価値あるものだと信じてコメントするんでしょうか。そして実際に価値があったかどうかを確かめるために、コメントレスを確認しに戻るのでしょうか。
レスの期待できないブログに敢えてコメントする意義は何ですか?-日々是自己主張

コメントを残す心理は、先に記したようなモノが多いと認識しているのですが、なんだか少し妙な疑問だなと思ったのは
「管理人はコメントのレスは必須じゃないと思う ⇒ 自分がコメントをしたときに確認しにいくことはないのか?」
と解釈してらっしゃるかのように見えるところです。先ほども記したように、「3 記事に対する疑問・質問・反論」ならば、やはりコメントのレスがあれば嬉しいですし、それ以外についても、レスがついていれば嬉しいでしょう。ただ、「あれば嬉しいが、強制はできない」と考えているだけであり「コメントしても、レスはいらない」に直結しないのではないかという事です。

例えばの話、うちのブログのコメント欄を開放していたときにコメントを下さっていた方の10人中10人がコメントレスが不要と考えているならば、今後、コメント欄を再開してもレスはしません。レスをするのもなかなか難しいですし、それなりの時間もかかりますから、もし求められていないのならば、そのような労力をかける必要はないと考えるからです。
レスの期待できないブログに敢えてコメントする意義は何ですか?-日々是自己主張

今回の、「コメントにレスをしろよ問題」で色々 blog を見て周った時に、ここの管理人さんは真剣に考えているような感じを受け、それはそれで良い事だと思いますが「レスはしません」とか「必ずレスをする」とか決めてしまわなくても良いのではないかと思います。(当然、私個人的な考えで強制するわけではありません)
時間がないのならば、する必要などないし、不毛だと思うコメントなど、答える必要もないし、邪魔ならば消してしまえばいい。
時間があって、答えたくなった時に答えればよいのではないでしょうか。

他の方は知りませんが、「レスは不要」といっても「(レスが)強制とは思わない」という意味であり、(疑問・質問を書いた場合)返信があればやはり嬉しいでしょう。ただ、返信がないからといって不愉快な気持ちになる事はないという意味だと言う事です。
posted by suVene at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログに関する このエントリーを含むはてなブックマーク 
この記事へのコメント
この記事へのトラックバック