2006年08月22日

「文句」は次のアイデアへの原動力となる

ネタだと思って読んでたら、はてブのコメント欄に「同意」が多い事にびっくりした記事。

煩悩是道場 - はてブが衆愚だと思う奴は、良記事をクリップし続ければ良いのに

そもそも誰に対しての文章なのか分からないけれども、ネタだろうがベタだろうが、はてブのほっとエントリーについて文句を言った事がある立場として正面切って考えてみようと思う。
まず前提として同意する部分について述べる。
おまえらどんだけ他人に頼ってるんだよ。
おまえらが欲しい情報「だけ」を自動的にかき集める為にはてなブックマークがあるわけじゃない。
オレはおまえらの為にブックマークしているわけじゃない。
被お気に入り146のオレが言うんだから間違いない。
オレはオレの為にウエブクリップをしているだけだ。
オレがクリップした情報が気に入らないなら、オレをお気に入りから外せ。
おまえらがオレのクリップした情報をどう使おうがオレには関係ない。
使ってくれるのは構わないし、それでおまえらが豊かになるんだったらオレも嬉しい。
でも勘違いしないでくれ。オレはオレの為にウエブクリップをしている「だけ」なんだ。
煩悩是道場 - はてブが衆愚だと思う奴は、良記事をクリップし続ければ良いのに
これを読んで主張したい事を抜粋すると
(1)おまえらが欲しい情報「だけ」を自動的に集める為にはてブがあるわけではない。
(2)ブックマークする事はオレの為である。
(3)ブックマークする事はお前らの為ではない。
であると思われる。『被お気に入り146のオレが言うんだから間違いない』ってのはいまいちよく分からないが、他の前提には同意する。私も自分がブックマークするのは自分の為であり、誰の為でもない。

では疑問点を挙げてみる。
GIGAZINEがホッテントリに一杯上がっていてウザい?
寝言こいてんじゃねーよ。
そうゆうのをGIGAZINEに対する嫉妬っていうんだよ。
GIGAZINEの代わりに自分が書いたブログエントリがホッテントリに入れば良いのにって思っている癖にブログにそういうふうに書いたら[これはひどい]って言われると思ってるから、ブックマーカーが衆愚だって罵っているだけなんじゃねーの?
文句は1エントリに対して500くらいのブックマークを貰ってから「オレのブログエントリに500ものはてブがついてるわけなんだが、これってはてブの衆愚なんじゃねえの」って書いてくれよ。
そしたらオレだって納得するからさ。
煩悩是道場 - はてブが衆愚だと思う奴は、良記事をクリップし続ければ良いのに
これが ululunさん個人の考えだが、全体に言える事ではないし、一概に“嫉妬”とは括れない。確かに自分の記事がホットエントリーに上がれば、それだけ反応があったという事で嬉しい事は否定しない。しかし、GIGAZINEに限らずホットエントリーに上がり続けて個人的に邪魔なエントリーや話題は存在する。そしてそれは少なくとも「自分の記事が代わりに」という事とはまったく関係がない。
しかしこの意見は、「自分の1エントリに500くらいにブックマークがなければ納得しない」ようだが、ここが第一の疑問点。
文句を言うには、1エントリーに500くらいブックマークがなければ書いてはならないという事はないのではないか?という事。
「文句」と「使い勝手が悪いと感じる部分を述べる事」は峻別すべきなのかもしれないが、受け方や書き方によれば同一のものともなりえる。もっと言えば「現状に対する要望」も、ある意味結果に対する「文句」とも言える。ululunさんの指す「文句」とはどこまでの部分を言うのか聞いてみたいところである。
個人的には、結果に対して不満や改善点や疑問点があるからこそ次のアイデアへの原動力になりえると思う。

第二の疑問点に移る。
はてなブックマークの結果に文句をたれるな。
本当に欲しい情報は自動でおまえらのパソコンにはやってこない。
情報は自分でかき集めるもんだ。
はてなブックマークのトップページで物足りないなら、はてブサジェスタやはてブニュース、複数のニュースサイト、にちゃんねるニュースナビゲータ、テキスト系ニュースサイト、自分がアルファだと思うブロガー、興味のあるキーワードから生成したRSS、そういったものをRSSやアンテナにつっこんで巡回しろよ。少なくともオレはそうしている。
煩悩是道場 - はてブが衆愚だと思う奴は、良記事をクリップし続ければ良いのに
「文句」の部分は先ほど述べたとおりだ。
『本当に欲しい情報は自動でおまえらのパソコンにはやってこない。情報は自分でかき集めるもんだ。』には同意できる。
しかし、後半の『はてブサジェスタや・・・RSSやアンテナにつっこんで巡回しろよ』というのは、直接関係はない。ululunさんのいう「おまえら」が誰を指すのか分からないが、個人的には、はてなブックマークのトップページは物足りない。それ以外のサイトの話ではない。故に、「はてなブックマークのトップページ」を改善したい。直接改善する事はできないにしても、要望は出したい。そしてできることならばアイデアも出したい。
ululunさんが少なくとも「ハテナ以外のサイトを利用し自分で巡回する」事実施している事は理解できるし、私自身も現在はそのようにしている。
だが、情報収集のコストを下げたり、より欲しい情報を発見しやすくする為のアイデアを「結果に文句をたれるな」で片付ける事はできないのではないか?と感じると同時に、それとこれとは別の問題であると思う。

上記までの疑問点だが、ululunさんの「文句」の定義を質問しないままに書いているので、ずれている可能性もある。
「嫉妬だけでホットエントリーに対する愚痴を言っている奴」に限定されているのかもしれないし。

最後の疑問点に移る。
他人がかき集めた情報にケチを付けてんじゃねえ。
おまえらどれだけ甘ちゃんなんだよ。
はてブが衆愚だと思う奴は「これがオレの考える素晴らしい情報だ!」という情報をクリップしてオレに見せてくれよ。自分のクリップに自信があるんだったら、はてブコメントでも、此処のコメント欄でもトラックバックでも良いからオレに教えてくれよ。必ず巡回するからさ。そういう強烈な自信のある人間のクリップをみるのはすげー楽しみだ。
で、オレが「これは凄い!」と思ったら、このエントリで紹介する、オレがお気に入りに入れる、おまえがクリップした記事で面白いと思ったらオレもクリップする。

だから文句を言わずにおまえらも良い記事をクリップしてくれ。
煩悩是道場 - はてブが衆愚だと思う奴は、良記事をクリップし続ければ良いのに
これははてブのコメント欄にもあったのだが、「他人がかき集めた情報にケチ」をつけてる訳ではない。「他人がかき集めた情報の見せ方として、よりよい方法があるのではないか」という事だ。
個人個人がブックマークした内容については、冒頭で述べたとおりその個人自身のものであり、ケチのつけようがない。しかしそれは、サービスとしての見せ方とは別問題である。
従って、『だから文句を言わずにおまえらも良い記事をクリップしてくれ』というのも関連がない。

経緯が分からず、斜め上の反論になっているかもしれないが、こんな感じである。
はてブについての文句というか、思うところがあるって意見は自エントリーのはてブのほっとエントリーについて(パーソナライズする為に必要なもの)に書いたので、よければ参照して欲しい。

「衆愚」って言葉は、見せ方の問題というよりブックマーカーへの蔑みとして捉えれる言葉だから、それに憤慨しているのかな。


* 関連記事
suVeneのあれ: はてブのほっとエントリーについて(パーソナライズする為に必要なもの)
posted by suVene at 11:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | ウェブ系 このエントリーを含むはてなブックマーク 

2006年08月21日

ネット環境における責任はどこにあるのか

ekken♂ : 2ちゃんねるに接続できないISPという選択があってもいい

確かにあってもよいと思う。
ただ、ekkenさんは以下のように述べているところが気になる。
何で謝罪要求なんでしょう?
ISPサイドにそれほどの責任があるとは思えないけどなぁ。
Doss攻撃に利用されて困っているのはISP側も同じだろうし、ISPでは2ちゃんねるのような掲示板がなければもっと快適な通信環境を提供できるだろうし。「とばっちりを受けている」のはむしろISPサイドだと思う。のまねこの件といい、2ちゃんねる運営サイドって、この手の話のすりかえが得意だよなぁ。
もしこの「掲示板荒らし」が2ちゃんねるユーザー間の諍いが元で発生しているとすれば、ISPにとってはいい迷惑だ。
ekken♂ : 2ちゃんねるに接続できないISPという選択があってもいい

そもそも、Doss攻撃とは何だろう。一般的には DoSアタック(Denial of Service attack) や DoS攻撃 と呼ばれる事が多い気がするが、それはともかく「サーバーに対して過剰なリクエストを悪意を持って送り、サービス妨害(拒否)させる攻撃」の事を指す。分散技術を使うものは DDoS(Distributed Denial of Service Attack)攻撃 と呼ばれる。以下のようなサイトを参考すれば、概要が分かると思う。
OCN|インターネットセキュリティ実践講座
@IT:Insider's Computer Dictionary [DoS攻撃]

で、問題はこの事実が発生した時に誰が被害者で、誰が加害者なのかと言う事だ。
登場人物は単純化すると、「DoS攻撃する人」「DoS攻撃される人」なのだが、攻撃する人物が直接自分のマシンを使って痕跡を残すような事をするとは限らないので以下のようになる。

A) DoS攻撃を仕掛ける人 → B) DoS攻撃の手段を仕掛けられた人 → C) DoS攻撃された人

ekkenさんの意見では B) は ISPサイド であり、C) は 2ch運営サイド だ。そして仮定として、A)が 2chの内輪揉め(ユーザー) であれば ISP にとってはいい迷惑だと言っている。
一見するともっともだと思うのだが、果たしてそうなのだろうか?

『Doss攻撃に利用されて困っているのはISP側も同じだろうし、ISPでは2ちゃんねるのような掲示板がなければもっと快適な通信環境を提供できるだろうし。「とばっちりを受けている」のはむしろISPサイドだと思う』

と言うのは、
・ ISPサイドは被害者である。
・ 2chのような掲示板がなければ(2ch運営サイドがいなければ) ISPサイドは快適な環境を提供できるだろう。
・ 従って「とばっちりを受けている」のは ISPサイド である。
と結論付けている。ただこれは、強引過ぎると感じる。

1つ目の理由として、前提の「2chのような掲示板がなければ」と言うのは、「被害者がいなければISPサイドは快適な環境を提供できる」と同義だ。2ch運営自体に違法性があれば、無くなってしかるべきだと思うが、2ch運営自体に違法性はない。
2つ目の理由として、2chのような掲示板がなければ快適な環境を提供できるとは限らない。仮に 2chのような掲示板 が無くなったとしても、DDoS攻撃を受ける可能性のあるサイトは個人にしろ企業にしろ無数にあり、それら全てを無くす事は不可能だ。
例として、とある企業のblogのコメント欄が炎上し、そのコメント欄に書き込んでいるユーザーが逆上して企業のサイトにDoS攻撃を仕掛けた場合、「その企業が存在しなければ」と言うのは納得いかないと言う事だ。

次に
2ちゃんねるサイドは、この謝罪要求が正当なものだと思うのなら、2ちゃんねるを経由して個人ウェブサイトに来襲する荒らしについて、全面的に謝罪してもらいたい。
ekken♂ : 2ちゃんねるに接続できないISPという選択があってもいい

これは同意できる。
2chの要求する謝罪が正当ならば、2ch経由で個人ウェブサイトを停止させる行為は同じく謝罪対象になると思われる。
ekkenさんは「謝罪要求が正当ではない」と思っている故の文章だと思うけれども、私は逆にこちらも妥当な要求だと思う。
まぁ、「2chのサーバーから直接攻撃」したのか、「利用するユーザーが間接的に攻撃」したのかは違うのだが。(ISPサイドは、直接攻撃に値する)

ただ、これらが「謝罪」で済んでいるうちはよいが、損害賠償や実刑が伴う罪になりうるかどうかについてはなんとも言えない。
寧ろ、ネット環境への法整備があまりにも遅れているのではないか?と常々感じる。(勉強不足なだけかもしれない)
法整備と言うより、法意識、責任意識がないのかもしれないが。

先ほどの例の、「A) DoS攻撃を仕掛ける人 → B) DoS攻撃を仕掛けられた人 → C) DoS攻撃された人」の関係にしても、B) は被害者であり同時に加害者であるとも感じるが、実際はどのように判断されるのだろうか。今のところ思うのは、「ある個人がDoSウィルスに感染しました。とあるサイトへの踏み台にされました」と言うとき、「ある個人」にある程度過失が生じるのではないだろうか?程度で、確信はない。
もう一つ疑問なのは、「運営サイド」は「利用(経由)するユーザー」の罪に対して、どこまで過失が生じるのかという問題だ。
簡単に攻撃した個人が特定できないだけに、この問題は根が深いと思われる。


話は一転して、タイトルから見ればこちらが本筋の話だと思うのだがそれについても少し。

思うんだけど、ISPは自社のウリのひとつとして「2ちゃんねるに接続できない」という物を打ち出してもいいのではないか。
親が「子供に2ちゃんねるを見せたくない」という需要は結構あると思う。
ekken♂ : 2ちゃんねるに接続できないISPという選択があってもいい

実はこれは既に少なからず存在する。
最初は「クライアントにおけるURL(やパケット)フィルタリング」あたりから派生したと思うのだが、最近ではISP自体でURL(やパケット)フィルタリングするサービス提供しているところは多い。
例)
Webフィルタ for Kids : @nifty
OCN|OCN Webゲートウェイサービス
BUSINESSぷらら:WEBフィルタリングについて
CTY インターネット 有害サイトブロック 有害サイトブロックサービスとは?

他にも、URLフィルタリングだけではなく、常駐ウィスルチェックのような機能や、不正アクセス防止機能(PFWのようなもの)など多種多様になってきている。
企業全体が顧客獲得の為とはいえ、この様なセキュリティ対策に対して腰を上げ始めているのはよい傾向だと思う。
posted by suVene at 16:26 | Comment(1) | TrackBack(0) | ウェブ系 このエントリーを含むはてなブックマーク 

2006年08月04日

[はてブ]自衛手段としての「非表示ユーザフィルタ」

ekken♂: 不快なブクマコメントを見えなくするよりも、気にしないようにする方が健全だ

はてブに非表示ユーザフィルタが追加されたようです。私は、はてなにそれほど依存してる訳ではないし、現状で言えばフィルタがいるほどブクマコメントも被ブクマコメントも読んでないので個人的に必要性はさほど無いのですが、ekkenさんの意見はやや偏った見方なのではないかと思いました。

でも僕はこの機能って「ダメ人間養成機能」にしか思えないんだよなー。
確かに不快極まりないコメントしか書かないブックマーカーは存在すると思うし、追い出したい気持ちも分からんでもないけど、自分にとって見えなくするだけで問題が解決するとも思えないんだよなー。
ekken♂: 不快なブクマコメントを見えなくするよりも、気にしないようにする方が健全だ

これは、このフィルタを「自分が不快だと思うコメントを述べる人物(自分に批判的な人物) を 非表示ユーザ」に適応するという目的で使用している場合には、確かに「聞きたい物だけ聞き、見たい物だけ見る」というバイアスを強めてしまい、視野を狭める可能性を広げると思います。現に ekkenさんも、そのような目的で使用している人に対しての意見なんだという事は以下の意見から窺い知れます。

一方、単に「自分にとって不快」なものを見えなくすることで、適正な批判を回避しているだけになる場合もある。
自分以外の多くの人にとって「適正な批判」と判断されるものに対して、自分だけは見えない状態にするのって、すっげー危険な行為だと思う。
ekken♂: 不快なブクマコメントを見えなくするよりも、気にしないようにする方が健全だ

確かにその通りです。私は某MMOをやっていた時に、結構な割合で叩かれたりする事があったのですが、どうでもいい第三者からの的外れな批判などは寧ろ面白かったのですが、その中で適切な指摘と言うのはやはり存在しているので、フィルタリングしたいと思うことは特にありませんでした。

上記までの、「(不快な)批判を闇雲にフィルタリングする事の危険性」については同意できます。

では、何が「やや偏った見方」に見えたかと言うと「非表示ユーザフィルタ」が有効活用できる場合についてはどう考えているのかが見えず、ekkenさんの結論として「故にあまり必要性は無い」と、あるような気がするからです。(そこまで強い断定ではありませんが、方向性として)

例えば、有効である場合と言うのは以下のような事が一例に挙げられると思います。

現在のWEBシステムは規制やサービスの質が向上し、スパムや違法性のある物はサービス側で排除してくれる場合が多いですし、又、サービスを提供するほうもそれを心がけなくてはならないでしょう。しかし、いつその脅威に晒されるかは分かりません。これからのブックマークサービスがどのように進化して行くか予測するのは、難しい事ではありますが、クローリングして手当たりしだいブックマークをし、無意味な広告を垂れ流すような BOT や、一昔前で言う「荒らし」のような存在がブログ上に多数発生するとも限りません。(今でもいるけど、一般ユーザの参入により割合は減っている気がする)
難しいのは、「荒らし」又は「規約違反」であると言う事を、サービス側で判断するのが難しいようなケースです。(一時期はてブでも話題になりましたが)
大半のユーザは「スパムで無駄」と見なしていても、「規約違反とは言えないし有効活用する事もできる」と言う狭間で議論されていてサービス側で排除する事ができない、又は時間がかかる時に自衛手段が存在しないと言うのは好ましいとは言えないという事です。

まぁ、現在では効果が薄そうなので、広告BOTが多数発生するような状況とは思えないですし、愉快犯もこれだけWEBというプラットフォーム上に多数サービスが存在するので、はてブのみに多数発生する事も考えにくいです。いずれにしても、フィルタリングするほどの状況が発生する確立と言うのは低い、もしくは少数だと思われます。

尤もらしい事を挙げてきましたが、実は「非表示ユーザ」の設定をどこでするのかも知りませんw それに、「個人的に不快な批判」に対して適応されている場合が多い気もするので、ここで挙げた例は無意味な空論かもしれません。それでも、フィルタリング機能はシステムとしてあった方がよいんじゃないかと言う話でした。
posted by suVene at 10:27 | Comment(3) | TrackBack(0) | ウェブ系 このエントリーを含むはてなブックマーク